HOMEへ
ご質問・お問合せはこちら
家族みんなが毎日使うトイレ。使いやすさと将来対応を考えておきましょう。

毎日使うトイレは家族の健康にとても大切な場所。風水でも重要なポイントとされていますね。快適な空間をつくりたいものです。
狭くなりがちなトイレですが、将来の身体機能の低下や万一の介助に備え、余裕のある広さを設けておくことで、永く使い続けられるトイレになります。たとえば、手すりや手洗いカウンターの設置スペース、介助スペースの検討が必要です。また、トイレ計画の考え方として、2つの機能の異なるトイレを分散設置、寝室隣接型のプライベートトイレの設置、洗面化粧室との連結なども考えられます。また、壁を木や珪藻土や土壁などにすると調湿や脱臭効果があり、とても快適。そんな自然素材へのリフォームも可能です。
洋風腰掛シャワートイレ
●腰の負担が軽く、おしり洗浄で清潔。
●便器自動洗浄器付で立ち上がると・・・手をふれなくても流れる。
●トイレの前に立つと・・・手をふれなくても自動でフタが開閉します。
●暖房付便座で座った時、おしりが温かい。
●部屋暖房付便器だとトイレ内が暖かく快適です。低〜高の調整付。
小便器
●小便器を付けると、腰掛便器にくらべ、床・壁が汚れにくく掃除が簡単。
●洗浄水量が少量なので水道+下水料金が経済的。
●凍結防止ヒーターを付けましょう(フラッシュバルブ)。
手洗い器
●手洗い付収納棚を取付けると掃除用具が入るので部屋がスッキリします。
●手洗い器の上部に鏡付埋込収納棚を取付けると、ペーパーとかタオルが収納でき便利です。
手すり
●木製棚手すり。カウンター手すり。丸棒手すり等有ります。
●指先の握る力の弱い方には棚手すりが良いでしょう。
換気扇
●外の冷気の侵入を防止する換気扇を付けましょう。
●人感センサー付で入室すると自動運転、用が終わると自動停止します。
照明器具
●入室すると点灯、退室すると消灯する、人感センサー付で入室すると自動運転、用が終わると自動停止します。
●取替えする場合は、ペアガラスが良いでしょう。
●面格子を取付けると防犯になります。
●床を取壊した時、根太などを点検・取替又は補強し、断熱材を入れましょう。
●床材は、木質フロア・クッションフロア仕上げが一般的ですが水滴等拭き取れる材質にしましょう。電気式床暖房(遠赤外線シート)も可能です。
●下地は石膏ボード板より、コンパネ板が良いでしょう。手すり・小物など自由な位置に取り付きます。
●柱の厚みを利用して埋め込みの収納棚などできます。
●クロス仕上げが一般的ですが、天然木などの板材で仕上げると、木目が美しく、木のぬくもりを感じられて味わいがでます。
建具
●取替えする場合は開き戸より、片引き戸がよいでしょう。
TOPへ
HOMEへ
ご質問・お問合せはこちら